2005年07月09日

吉岡大輔という男A

一週間前、チームアルビレックス新潟としての交流会のこと。
エース皆川さんも含め全員の飲酒量は規格外であった。この年齢にして、日本酒の一気飲みも始まり、タクシーで飲み屋を後にした。

途中、運転手にコンビニに寄るように指示をした皆川さん。
皆川:「俺ATMでお金下ろすから好きなもん買えよ!」とのお言葉。
吉岡君はカゴを持ち、コンビニ中を走り回る。

吉岡:「賢太郎さんのおごりだから、何でも入れろ〜〜」
皆が手当たり次第に品物を入れる。飲みに関係のないものまで全て。
おもちゃを買ってもらえる子供のように、初めてコンビニに入った少年のように俺達は興奮していた。

吉岡君に関してはバーゲンに来たおばさんのよう、スーパーのタイムサービスのように商品を掴み取っていた。

そして、レジに向かい、いざ会計になると吉岡君がとんでもないことを口にする。
吉岡:「ここは俺に出さしてくれ!」
俺:「・・・・・・・・・ん?」
皆川「・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」
合計金額6890円

彼はきっと賢太郎さんのおごりだとコンビニに入った時は知っていたはずだが、コンビニを走り回って、その事を忘れてしまったのだ。

部屋に戻り宴は続く。
メンズビオレの鼻パックはなぜか3個(30枚)もあり、リップやら整髪量までカップラーメンにしては6個もあるではないか。

仕方がなく皆川、吉岡は鼻パックをしての参戦。
全員が酔っていたので、その時は違和感はなかったが、今思えばとんでもない光景だ。

次の日になり、吉岡君にその事を伝える。
すると
吉岡:「俺また調子づいちゃった・・・」
買った品物も、賢太郎さんのおごりだったことも忘れていた彼。
しまいにはいらないものばかりの商品にレシートを見て目を丸くしていた。

そして、タクシーの代金4000ほどで賢太郎さんは一万円を出し、おつりはいらないと告げていた。あのおつりでコンビニの買い物は完了していたはずだった。

それを知った吉岡くんはこう言った。
吉岡:「俺また変な男気だしちゃって・・・」

得をしたタクシーの運転手に加え、あれほど必要のない物を買ってもらったコンビニ。
彼らへの感謝は計り知れない。

その話題で盛り上がり、吉岡大輔の男気に惚れ込んだ俺達は、今日も山川純子さん宅でのBBQに向かっていった。
posted by yasu at 13:47| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アルビレックス新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

体力測定

昨日は新潟スタジアム(ビッグスワン)でチームアルビレックス新潟の体力測定があった。
トレーニングを開始して1ヶ月半が過ぎ、現在の自分の状態を知ることも大切なので、種目は全部とはいかないが、精一杯やってきた。

しかし、予想と反して素晴らしい数値を出すことが出来た。
乳酸値に関しては、ほぼ病気前の数値に戻り、右足の筋力に関してもアップしていた。
乳酸測定中の変な帽子をかぶされた真剣な俺・・・
Big suwann.jpg
もちろん、怪我をしていた左足の筋力やパワー系に関しては、鼻クソのような結果だったが、これから重点的にやっていけば十分に冬に間に合うし、その事を理解していることによりトレーニングの効果や能率を上げてくれる。

数値を見て安心したのが正直な気持ちだったが、いっきにモチベーションが上がった事が何よりの収穫だったと思う。
人間は絶対にやろうと思えばできるし、やれないと思ってはいけないと実感した。

最近、良く看板や広告などで見る文章を紹介します。
「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。「不可能」とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。「不可能」とは、誰かに決めつけられることではない。「不可能」とは通過点だ。「不可能」とは、可能性だ。「不可能」なんて、ありえない。

俺も病気になってから、ずっと同じような事を考えていたので、これを見たときはある意味でビックリした。でも、本当にその通りだと思った。
不可能とか駄目だとか思っている時点で、もう諦めているようなものです。そんな考えは捨て、自分を信じ貫くことで初めて進歩を感じるはずです。

P.S
意気消沈の佐藤選手
Eiichi.jpg
posted by yasu at 13:22| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アルビレックス新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

皆川賢太郎という男

一昨日から賢太郎さんが妙高に来ていた。
「道路がポコポコしていて30cmほど浮いて走ってきた、国土交通省はどうなってるんだ?」と自らのスピード違反を認め、今シーズン最高のタイムで妙高に到着した彼は
授業をしたりトレーニングをしたりと、3日間を過ごしていった。
正直に書くがお酒もたくさん飲んだ。
kentaro.jpg チラ目
WCランキング21位の世界レベルの選手との本音の話を聞けるというのは価値があるとしか言いようがない。

トレーニングに関する理論、スキーに関する理論、精神論、人間的哲学と彼はどんな分野でも講演ができるだろう。

「そんな彼もお酒を飲めばお馬鹿さん」

日本酒の一気も恐れず、果敢に攻め続ける世界の皆川。
だが二日酔いにはかなわなず・・・後悔する姿は人間らしく俺と一緒だ。

吉岡、皆川、渡辺と並んだアパート。
世間はそれだけで笑っていた。

前回の吉岡大輔くんの記事は皆様から多大な賞賛を頂いたので、これからも連載をしていきます。
posted by yasu at 14:54| 新潟 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | アルビレックス新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

吉岡大輔という男

昨日、午後から相棒の吉岡君が携帯をauからdocomoに変更するのに付き合い上越に足を運んだ携帯電話機種の目星は付いてたので、後は一番大切な値段。

いくつかの電気屋を巡りチェックして、中には価格保障と題して、他の店でこれより安かったら、そこまで値下げしますとうたっている店もある。

そして彼(吉岡くん)は発売されたばかりの最新機種を指定して言った。
吉岡:「あ!さっき違う店で500円で売ってましたよ」
俺:「・・・・・・」
店員:「・・・・・・・・・・・がく〜(落胆した顔)
多少の吹っかけなら良い作戦だろうが、500円とはビックリしたし、あの一定の口調から繰り出される一言に一瞬、店中が静まり返ったようにも感じた。

まぁ、どうにか値段も納得して手続きも完了!
ただ、新規契約だったので少し時間が掛かるとの事で、待つことになった。

すると彼は前まで使っていたauコーナーに歩き出した。
そして店員さんに話しかけた。
吉岡:「auのポイントが溜まってるんですが、何か使い方ありませんか?」
au店員は契約ゲットとばかりに機種変更やauの利点を力説。
しかし、さっきドコモを契約したことを知っている俺は話が読めない・・・・

そんな中、彼は店員に恐ろしい一言を発した。
吉岡:「余っているポイント使って機種変更してau解約しょうと思うんですけど」
俺:「ぷぷぷわーい(嬉しい顔)
au店員:「え・・・・・?ふらふら

きっと店員もお客さんから聞く初めてのセリフだったのだろう。
ポイントを使って機種変更し、その後に解約したとの夢のような希望を持つ彼。

その後は店員もどうにか解約されないように、必死で彼を説得に入る。
やり取りは終わりのない戦いのごとく続く。

そこに俺が一番恐れていた事が起きた。

ドコモの店員が仕上がった携帯を持って吉岡に近づいてきた。
そして・・・・
docomo店員:「大変お待たせしました、手続き完了でございますexclamation×2
吉岡:「ありがとうございます」と万遍の笑みグッド(上向き矢印)
俺:「・・・・・・・」
au店員:「・・・・・・・・・はぁ?」

まさか既にドコモの契約を終えていたのを知らなかったauの店員の説明は強制終了された。

満足した彼は元気良く玄関口に向かって行った。

彼の精神的図太さを知る一日となった。
posted by yasu at 17:49| 新潟 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | アルビレックス新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

入院25日目

【お知らせ】
ひらめき「チームアルビレックス新潟」オフィシャルサイト開設exclamation×2
http://www.team-albirex.com/

ついに我がチームのオフィシャルサイトが完成しました。アルビレックスの情報はもちろんの事、選手の様々な情報までアップされています。是非とも覗いてみてください。

ひらめき「JWSC」スプリングレーシングキャンプ(スピード系)開催のご案内exclamation×2

今シーズンもJWSCではアルペン選手の方を対象に標記のレーシングキャンプを開催します。このキャンプは、昨年実績から選手のスプリングトレーニングとして競技力向上に非常に良いという意見を、頂いております。今シーズンも下記の内容で実施いたします。多くの選手の参加をお待ちいたしております。 

1日程及び内容
  @平成17年3月21日(月)、22日(火)、23日(水)
    対象:アルペン選手(中学生〜一般まで)
    早朝トレーニング(6:00〜8:15まで)ゴンドラ側コース(22日および23日のみ)
8:30以降・・・妙高杉ノ原スキー場三田原第二高速リフト脇ダイナミックコース(3日間)

2.時  間 6:00 〜 15:00 (天候により変更あり)
3.会  場 妙高杉ノ原スキー場
4.トレーニング費:5000円/1日(リフト代を含みます。)
5.定  員 100名
6.申込方法 別紙FAX用紙に必要事項を記入し、3月11日(金)までにFAXでお申し込み、もしくはメールにて受け付けます。jwsc@nsg.gr.jp 清水まで

以上
セミナー申込担当窓口:事務局(秋山・清水)
〒949-2219新潟県中頚城郡妙高村原通76番地
TEL:025-581-3131 FAX:025-581-3130

昨年は自分もこのキャンプに参加しました。早朝のSGは1分30秒を越える長さで、レース以上に本格的なトレーニングが出来ました。もちろんコースは完全閉鎖していますので、安全も十分に確保されています。

さらにSG後もコースを移動し、技術系のトレーニングも行えます。早朝からですし、雪も緩むことなく、集中したトレーニング可能です。24日から赤倉で学連主催のSGの大会もありますので、良いトレーニング環境として利用して頂ければと思いますグッド(上向き矢印)

国体も二日目を向かえ、天気も徐々には回復しているようですね。
公平で存分に力が発揮できるレースになってもらいたいものです晴れ

昨日は一緒に新潟県選手団として出場する選手から、たくさんのコメントを頂きました。文章からも成績に満足している人はいなく、皆が悔しい思いをしたようです。
まぁ、でも全部のレースで良い成績など出せる選手はいません、国体だけがレースでもありません。次回のレースに今回の反省を生かし、引っ張ることなく頑張ってほしいと思います。
コメント欄でなく携帯にメールをくれた、俺の変わりに出場した「岡田慎くん」のメールは群を抜いて面白かった。彼には違うセンスを感じました、そのうちに紹介したいと思います。

まとめとして、吉村君の50位ですか・・・上出来ではないでしょうか決定
M.jpg
P.S
俺の毎日の食料です(エレンタール栄養ドリンク300ml)
posted by yasu at 10:55| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | アルビレックス新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。