2013年02月17日

雑談7

不動産の販売方法の中にオープンルームという手段があります。新聞折込やポスティング広告、現地看板などを実施して、週末に開催時間を定めて部屋を解放してご覧いただけるようにしておくのです。

来場されるお客様には、物件の前を歩いていたら看板を見たとか、新聞の折込を見たとか、インターネットで見たとか、知り得る手段はお客様により様々です。

私は、このオープンルームで成約をしたケースはあまりありませんが、様々な購入動機をお持ちのお客様に出会えるので、営業としては何より勉強になる機会でもあります。

どちらかと言えば、待ちの営業スタイルですので、お客様が来ないときは、何をやっているんだろう?と自己嫌悪にも陥りますが、ここ何週間は毎週末開催してるので、私としての楽しみ方も分かってきました。実際にその物件で決まらなくても、購入を希望するお客様数が増えて自分のお客様になるかもしれないことや、その方がご売却する不動産をご所有しているかもしれません。目先のYesかNoだけではオープンルームをやっているのは勿体ないと思ってしまう訳です。

仕事には必ず次につながる仕事があります。いつ目がでるか分かりませんが、種まきがないようでは、芽はでませんよね。こんな事を心掛けて、お客様の来場をお待ちしたいと思います。
【関連する記事】
posted by yasu at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323368503

この記事へのトラックバック