2010年11月09日

仲介手数料

不動産業者を介して不動産の取引をした場合は、所定の仲介手数料をその不動産業者に支払わなければなりません。仲介手数料については国土交通省告示によりその上限額が定められています。

不動産の売却や購入にあたり、仲介を不動産業者に依頼する場合、その不動産業者と媒介契約を締結します。その媒介契約書に依頼する期間と条件、媒介報酬の額等が定められます。

仲介手数料は、通常は売買契約成立時にその半額を、残代金支払い時に残りの半額を支払う方法が多くとられています。

では、実際の計算方法ですが、売買代金により料率が変わってきます。

200万円以下
料率5%

200万円超400万円以下
料率4%+2万円

400万円超
料率3%+6万円

※不動産業者が消費税の課税事業者である場合には消費税が加算されます。

例)
3000万円でマンションの売却が成立した場合
*消費税免税事業者の場合
3000万円×3%+6万円=96万円

*消費税課税業者の場合
3000万円×3%+6万円×消費税額=100万8千円

したがって、不動産業者に仲介を依頼し3000万円で売却が成立した場合の仲介手数料の上限額は100万8千円となります。

仲介手数料の速算法でした。

【関連する記事】
posted by yasu at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168784840

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。