2009年10月22日

物議の問題

宅建試験から4日が過ぎました。

リラックスできた日々を過ごせていますが、以外に忙しい毎日でもあります。まぁ、そのくらいの方が一日がすぐに終わって良いね!

試験終了後、各専門学校などで解答予想や合格予想点をネット上や新聞等で掲載されています。

自分は今年が初受験なんで知りませんでしたが、今年は物議をよぶ問題があるようです。

いわゆる解答が割れていて正直どっちが正解なのか分からないって問題です。

それが問31と問38なんですけど、

自分はどちらも間違えたと判断して40点なんで合否に影響することはないんですが、ボーダー上にいる人達には凄く重要な点数です。

俺も解いていて正直かなり迷いました。

過去にもどちらとも正解と言えるような問題があり、二つの選択肢が正解となった例があったようですが、今年はいかに???

(新聞)
住宅新報社    問31-1  
週刊住宅     問31-1

(資格予備校)
拓明館      問31-1 (34〜36)
日建学院     問31-1 (34〜36) 
ユーキャン    問31-1 
大栄総合教育   問31-1
フォーサイト   問31-1
ダイエックス   問31-1 (35以上)
宅建ゼミナール  問31-1 (34〜36)
東京法経学院   問31-1 (34〜35)
梶原塾      問31-1 (32)
Z会       問31-1 (36)


LEC      問31-4 (32〜34)
資格の大原    問31-4 (36〜37)
TAC宅建    問31-4 (34〜35)
アットホーム   問31-4
クイック教育   問31-4
教育プランニング 問31-4 (33〜35)
チャプター2   問31-4 (36)
駿台経法専学校  問31-4 (34〜36)
レンチャー    問31-4 (34)
日本マンパワー  問31-4 (33〜35)
クレアール    問31-4 (33〜34)
日本ビジ法学院  問31-4 (34〜36)

問31に関しては、こんな感じです。

自分は1を選んでいますが、これも正解なら41点となります。
()ないの点数は合格予想ラインです。

結局は作成側の判断となるので、それを待つしかないようですが、抗議の電話や問い合わせも多いようで終わったのに落ち着かない状況らしいです。少し問題を捻りすぎたり、混乱を狙いすぎたのでしょうか?

問38に関しては2と4の選択肢で割れているようですが、こちらは正解を2と判断している専門学校の方が多いので、おそらく間違いないとは思います。ちなみに自分は4で×だと思われます。

宅建講師達が専門書をひっくり返して調べての回答割れでは、俺のような甘チャンでは勝負になりませんね(笑)

こんな事もあるんだ〜と思って書いてみました。

ただ、どちらにしろ俺の予想では合格点が大きく変わるとは思いません。正解率が割れている訳だし、合格点数が一点動くとはえらいことですからね。また、どちらも正解になれば、影響はないだろうし。

問題傾向が変わり、宅建業法を4問増やしたが、それにより難易度を上げようと思った作成者側の狙いが良く出ていた21年試験でした。

素人の総評でした(笑)


posted by yasu at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅地建物取引主任者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック