2009年10月19日

宅地建物取引主任者試験を終えて。

10月18日(日曜日)
人にとっては普通の日曜日、試験を受ける24万人には一年に一回の戦。

前日は15時間くらい勉強をしただろうか?

就寝したのは2時、起床は5時。。。

当日のその時間が終わるまでで良いと思い、さらに細かい部分まで手を付けて勉強した。

会場は自分の出身の日大文理学部。

2時間前に桜上水に着き駅前のガストで仕上げ。

入った瞬間にビックリした・・・ほとんどの人が宅建のテキストをひろげ、目の色を変えている。明らかにファミレスの雰囲気ではなかった。

一時間半前にガストから会場に向かう。

道の途中では各社専門学校の人達が直前のチェック事項やら試験後の解説講義のパンフレットを配りまくっていた。

いきなりテンションが上がってきましたね!

4年間通ってい日大文理学部は新しい建物がたち自分が知っている頃とは随分と変わっていた。受験票を確認して教室に入ると、またまた目の色変わっている人達の群れ・・・

そして、すぐにその波へ。

30分前、テストの注意事項の説明が始まる。

もう机には頼りにしているテキストはない。携帯電話も電源を切り、与えられた紙袋へしまう。

何か孤独感がありましたが、もうやるしかない!と決意が固まりました。

開始のベルが鳴る。

いつも通りリズムをとるべく15問目から開始する。始まって最初の印象はこりゃ、難しいぞ!と気を引き締め直したのを覚えてます。

1問目から14問目に取り組む時に残り時間1時間が俺のスピードの目安だった。どうにか一時間で難所と言われる権利関係(民法)に入る。

4択だけあり、満点を取らせない為に知らない知識、テキストでも見たことない事がそれなりにある。確実にわかる問題に時間を掛けようと作戦を変更し、分からない問題はどこまで肢を切って悩むかが正解の確立を上げる。

残り10分を残しマークミス等の確認をして終了した。

終わった後は体の力が抜けましたね〜しばらく席から立ち上がるのが嫌でした。会場を出てみると改めて受験者の数にビックリ(驚)

建物を出るのに15分も掛かった。

手応えがいつもの模試よりなかったので心配だったけど、力は出し切ったと思えたから、後は速報メールの手続きをして家族で焼肉に向かった。

生ビールが上手かったね!最近は禁酒もしてたので速攻で酔い酔いでした。速報メールの配信時間が6時からとなっていたが、6時半になってもこない・・・携帯ばかり見てばかりで肩の荷が下りないが酔いは進み、7時になる。

その頃になると速報メールを忘れるほど酔っぱらっていた(笑)

妻から「メールきた?」と聞かれポケットから携帯を出す。

新着メールのマーク付いてるじゃないですか(ドキドキ)

酒の勢いで開く!

「あなたの点数は39点/50点」

やったぁ〜〜〜〜
その後はご想像にお任せします。

スポーツ以外でこれほどの興奮と感動を味わえるとは思ってなかった。
鳥肌が立ち涙が出そうだったよ。

帰宅後、ネットでもう再度、各社の回答速報を確認すると、問38が各社で回答が割れていた。結局はそれも正解と判断されて40点を取ることができました。

各社の合格点の予想は34点±1となっていた。

改めて嬉しかった!!!

合格率15%の国家試験。
厳しい目標に挑戦できたこと、それを投げ出すことなくやり遂げられた事に深い達成感を感じた。

勉強を始めてたから俺のプランは全て完璧だった!

任務完了!!!
これも3か月間、協力してくれた妻と家族の協力、様々な手助けをしてくれた方々のお陰です。

本当にありがとうございます!

最終的には12月2日の合格発表を待つことになりますが、これで落ちることは100%ないでしょう。

10月18日は一生忘れない壮絶な一日でしたとさダッシュ(走り出すさま)

posted by yasu at 09:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 宅地建物取引主任者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見してますが、初コメです。
ご苦労様でした。そしておめでとうございます。
やはり集中力が違うんだなぁと、感心しています。凄い!
Posted by KN at 2009年10月19日 13:17
→KNさんへ
コメントありがとうございます。
とにかく必死で・・・どうにか点数とれて安心しました。今後も色々と苦労はあると思いますが、諦めず執念で頑張ろうと思います。
Posted by Yasu.W at 2009年10月26日 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック